プロミス 即日融資

借りる理由や目的を明確に

キャッシングによって借りたお金の使い道は、基本的には利用者側に委ねられています。目的ローンなどの資金使途を明確にし、指定の振込先にしか入金ができないといった場合であれば話は別ですが、消費者金融などのカードローンキャッシングは利用者側が自由に使えるようになっています。

 

健全な消費性資金や生計費の範囲として資金使途は定められていますが、借りたお金を何に使ったかまでは申告をする必要はなく、消費者金融側としても何に使われたかは知ることはできません。

 

本来の目的から外れて使うこともできてしまうため、キャッシングは便利な半面で利用者側のモラルや計画性が重視される難しい契約ともなるのです。

 

利用者側が言ってみれば好きなように使えてしまうキャッシングは、借り入れを繰り返してしまいがちな側面もあります。限度額の範囲内で何度でも借りられるので、お金を借りているといった感覚を失ってしまい、余計なことばかりにお金を使ってしまうのです。

 

お金を借りることはつまり借金であるのですが、その部分の感覚が薄れてしまうことでキャッシングの利用枠=自分のお金のように錯覚をしてしまいます。これではお金をすぐ借りるとしても無駄遣いにばかり回してしまい、気がついたときには大きな返済負担で自分自身が困ることともなりかねません。

 

自由な用途で利用ができるからこそ、消費者金融をはじめとするキャッシングの利用においてはお金を借りる目的や資金使途は明確に持っておく必要があるのです。